• 「ファクタリング」装う、新手のヤミ金融が横行

    事業者の資金繰りに用いられる金融サービス「ファクタリング」を装った新手のヤミ金融が横行しているとして、大阪府警が取り締まり強化に乗り出したという。東京でも力を入れてもらいたいものだ。

    民事訴訟で「高金利の貸金契約に準じる」と認定されたケースもあり、多重債務者の支援団体などは「資金繰りに窮した中小企業が食い物にされている」と注意を呼びかけている。

    今の中小零細は大変なんですよ!だから銀行はじめの金融機関が支援してくださいね。

    ファクターは代理人や仲買人を意味する英語で、ファクタリングは、企業の持つ売掛債権を買い取るサービスだ。たとえば、企業が取引先からの未収金100万円の債権を、90万円でファクタリング業者に売れば、受取日より早く現金を手にできる利点がある。業者はその後、この取引先に100万円を請求する仕組み。

    すごい金利計算になるね。今日も電話来ましたよ。月1割だって・・・。

    一部の業者は一定期間後、債権を企業に100万円で買い戻させており、日本貸金業協会は「実質は90万円を貸し、10万円の利息を取る貸金契約で、貸金業にあたる」とみる。債権を担保に、企業に金を貸すケースもある。

    その後、不渡りを恐れシステム金融という流れになりやすい。

    国会でつまらない揚げ足取りの論議してないで、この国を元気にする方法を考えてください!

    誰でもいいから殺してみたいという人間が多くなっていると言うのに、平和ボケの日本。

  • 運動と腰痛

    運動不足は肥満を招き、腰痛をはじめとする病気の原因になります。
    適度な運動を行うことは、筋肉や骨の強さの維持につながり、腰痛の予防にも効果を発揮します。
    しかし、適切な形で運動を行わなければ、逆に腰痛を引き起こすことがあるのです。

    意識してなくても、授業や部活動などで運動する機会が多い学生に対して、
    社会人になると運動不足な生活を送りがちになってしまいます。
    けれど、ただ漠然と運動するだけでは腰痛や思わぬケガを引き起こす可能性が
    高くなってしまいます。
    腰痛予防を考えた運動とは、どのようなものなのでしょうか。

     

    【運動で引き起こされる腰痛 】

    運動が原因になって腰痛が引き起こされる場合、腰椎すべり症などの脊髄分離症によって
    併発していることが多々あります。
    脊髄分離症は陸上選手の職業病とも言われるほど、運動の関係が深い病気と言えます。
    背骨は走ったり飛んだりすることで、脚に生じる反発力を吸収・分散する働きを
    持っているため、陸上競技のように脚に負担がかかる運動を頻繁に行うスポーツの
    影響を受けやすいのです。
    つまり、脚の酷使は背骨や腰の酷使につながり、疲労骨折の原因にもなるのです。
     
    ※ ゴルフと腰痛 ※

    ゴルフもまた、腰痛と深い関係のある運動であるといえます。
    ボールを打つ時に、勢いを付けるために左右に腰を捻る動きを行うため腰椎を痛めやすいのです。
    それに加えて、長時間の歩行や立ちっぱなしが必要となるため、足腰への負担が大きくなるのもゴルフの特徴といえます。
    また、ゴルフを楽しんでいる年齢層は腰痛を起こしやすい中年から壮年に集中していることもあって、ゴルフと腰痛は不可分の存在になっ

    ているとも言えます。
     
    ※ 野球・サッカーと腰痛 ※

     

    スポーツを原因とする腰痛は、選手人口の約20%が発症してるという統計があります。
    この統計結果は、野球やサッカーなどのメジャースポーツも例外ではなく、
    プロ選手でも腰痛の発症で戦線離脱してしまうことも少なくありません。
    野球やサッカーは、停止状態から急激な運動を行うことが多いスポーツであるため、足腰への負担が陸上競技と並ぶ程大きいのです。
    また、腰痛だけでなく膝や肘などにも損傷を起こしやすいこともこれらのスポーツの特徴といえます。
     
    【運動での腰痛を予防する 】
    運動を原因とする腰痛は、運動で生じた衝撃や負荷を身体で全て処理してしまうことによって起こるものといえます。
    つまり、身体に掛かる衝撃や負荷を減少させる工夫を行うことが腰痛の予防に繋がることになります。

     
    ※ 運動後の工夫 ※

    腰痛を起こした時のためにも、運動後に身体を労わる準備をしておくことは大事なことです。
    腰痛が発症した時は、冷やすことが重要なので保冷材やコールドスプレーなどを用意しておくと良いでしょう。
    また、運動で失った水分を補給することはケガの治りや体力の回復に大きな影響を与えるので、水やスポーツドリンクなどを用意しておき
    ましょう。

    腰痛を起こした時のためにも、運動後に身体を労わる準備をしておくことは大事なことです。
    腰痛が発症した時は、冷やすことが重要なので保冷材やコールドスプレーなどを用意しておくと良いでしょう。
    また、運動で失った水分を補給することはケガの治りや体力の回復に
    大きな影響を与えるので、水やスポーツドリンクなどを用意しておきましょう。

  • 憩室炎早く治って

    憩室炎がなかなか治らない。

    もう一カ月になる。途中大出血しビックリだった。

    この痛み何とかならないのだろうか。

    どこか痛いというのは嫌なもので、力が入らない、気力がわかない。

    大腸癌にならないように祈るばかり。頑張れ俺!

    健康が一番だね、やっぱり。

    娘も腎臓と皮膚に疾患がある。乾癬なのだろうか。かわいそうに早く治ってもらいたい。

    今乾癬の方が多いらしい。世界中にいると言う。

    かゆみや赤身で苦しまれているという。乾癬の治療のよい方法が早く確立されることも心から願っています。

    特に小さな子供さんや若い女性は本当にかわいそう。

    なんで人間てこんなに多くの疾患があるのでしょうか。

  • 健康が一番

    健康が一番です。

    お金も大切だけどね。

    比べて安心するわけではありませんが、世の中には色々な病気があります。

    症候群で検索するだけでも聞いたことのない病名がたくさん出て来ます。

    盲ろう者と言われる人がいるのをご存じですか?

    耳も目も不自由な方々が、日本だけで2万人いると言われています。

    感覚だけの世界で生きていらっしゃいます。想像を絶します。

    生まれつきではなく、目の見える感覚、耳が聞こえるのがどういうものかを知っている人が

    盲ろう者になることもあるのだそうです。

     

    普段何気ないことがいかに幸せか、気付き感謝したいものです。

    トリーチャーコリンズ症候群始め、難病もたくさんありすぎです。

    どんなに金があっても心が止んでいては何にもなりません。

     

    難病を抱えた方は、その分、心がきれいで健康です。

  • K塾とアフィリエイト革命2017

    Kさんの塾が始まる。すでに20期。塾生の結果が出て信頼されている証だ。

    色々な手法を学ぶのも悪くない、いいとこ取りが出来るから。

    やらなくてはただのノウハウコレクター。

    K塾は息子にやらせたい。20代、30代がいい塾と思う。おやじはちと場違いかもしれない。 ちょっと高いが、真っ白になって素直に進めれば結果は早いと思う。

    いつかはK塾、詳細↓ K塾20期 (◇カード6回分割決済)

     

    K塾はまだと言う方は絶対おすすめの物がある。

    アフィリエイト革命2017。数千円でこの情報量は素晴らしい。

    3部、12章構成になっていて、1部は1〜8章で101分。 2部は9,10章で55分。3部は11,12章で25分。

    動画、PDF資料、mp3の音声もあり、特典がまたすごい。ほんとすごいと思った。

    ちなみ第9章は 「今の時代にマッチした鉄板順位アップノウハウ」

    第10章 「作ったサイトを収益の柱へと昇華させる具体的テクニック」

    ・今後、重視すべきこれからのSEOとは?

    ・今、重要視すべきSEOとその改善方法

    ・これ1つでOK!上位サイトを参考にする最重要ポイント

    ・上位表示させて報酬に直結させるための5つのステップ

    ・ライバルサイトよりも魅力的なサイトに育てるための裏ワザ

     

    まあ、アフィリエイト革命はバックエンドとして、塾の紹介があるけど(1か月無料も特典) 入りたくなければ入らなければいいだけのこと。

    アフィリエイト革命の詳細→アフィリエイト革命2017

     

    アフィリはやるかやらないか。老若男女、学歴、地位も肩書も一切関係なし!

    買っても入っても、行動する人は1割2割。

    頑張るのは当たり前、結果がすべての世界だけに厳しいが、可能性は青天井!。

    現在別の塾に入っているが、先日セミナーで会った女性は、最高単月利益が950万だって! くやしい〜〜〜〜!!!

    いっぱい稼いでカニ本舗のかに食うぞ!!!

  • 総額165億円?ダルビッシュが求めるド軍との再契約はやはり難しいのか

    ダルちゃん駄目だったね。弱いんだよねマインドが。

    今日のヤフー記事↓。

    「なんですかね。本当にワールドシリーズでやり返したいじゃないけど、そういうの(気持ち)がもっと出てくると思うので、そういうチャンスのある球団がベストですけど・・・・」

     ワールドシリーズ第7戦に先発しながら、第3戦と同じ1回2/3で降板したダルビッシュ有。今オフにフリーエージェントになるが、試合後、去就について何を重視するかと聞かれると、そう口にしてから6秒ほど沈黙し、やがて言葉を絞り出した。

    「自分はドジャースでやりたいです」

     その機会が与えられるかどうか。

     試合後、地元記者の口ぶりは、一様に否定的だった。

     元々、再契約はない、との捉え方が圧倒的。地元紙オレンジ・カウンティレジスターのビル・プランケット記者がこう解説する。

    「おそらく、ダルビッシュの契約総額は、1億5000万ドル(約165億円)を超えるだろう。しかしドジャースは、30歳以上の投手で、さらにこれまで、多くの球数を投げてきている投手との長期高額契約には消極的だ。彼らは、そういう投手の衰えが早いというデータを持っている。同様の理由で、来オフにクレイトン・カーショウが契約破棄をしてフリーエージェントになっても、これだけ貢献してきた投手ではあるが、長期契約をオファーしない可能性もある」

    ドジャースはここしばらく、エイドリアン・ゴンザレス、アンドレ・イーシアなど、不良債権化した長期契約に苦しめられてきた。前フロント陣による場当たり的な補強が原因だが、アンドリュー・フリードマン統括本部長とファーハン・ザイディGM(ゼネラルマネージャー)の体制になってからは、方針を一転。5年以上の契約は結ばず、昨オフ、ケンリー・ジャンセンと5年総額8000万ドル(約88億円)で再契約したのが唯一の例外となっている。

     今オフは、FA市場に有力な先発投手が少ない。ダルビッシュとジェイク・アリエッタ(カブス)、そしてジョニー・クエット(ジャイアンツ)ぐらいだろう。となると必然、契約総額は高騰する。この夏、ダルビッシュの代理人は、ナショナルズのステファン・ストラスバーグレベルの契約(7年総額1億7500万ドル)を求めるのではという憶測が出たが、そうなれば、その時点でドジャースは撤退を決める。また、ダルビッシュが31歳で、日本時代も含めると、それなりの球数を投げている時点で長期高額契約はありえないということになる。その点、彼らは実にドライなのだ。

     

    プランケット記者が触れたように、来年30歳になるカーショウを巡る対応もしかり。彼もまた投球数が多く、しかも腰の状態が良くない。ドジャースを中心に取材するブリチャー・リポートのスコット・ミラー記者も、「カーショウが契約破棄を選ぶなら、それはドジャースを出るということではないか」と予想した。

     では、ダルビッシュが仮に、5年総額1億ドル程度(訳110億円)まで妥協したらどうかだが、プランケット記者は、「彼がそれをする必要はないし、そもそも相場が下がって、その程度になってしまうかもしれない」と話した。

    「プレーオフ最初の2試合の好投により、相場は6、7年で、総額1億2000〜5000万ドル程度となり、後はワールドシリーズの結果次第でどこまで跳ね上がるか、という状況だった。やはりビッグゲームでの結果は、契約に直結しうるから。しかしながら、全く逆の展開となった」

     ただ、奇しくもそうして価値が下がったのなら、逆に再契約のチャンスが生まれたのではないか、と聞くと、それにも否定的だった。

    「ドジャースはワールドシリーズで勝つために、彼をトレードで獲得した。残念ながら、望んだ結果にはならなかった。それがすべてを暗示しているのではないか」

     前出のミラー記者も同様だった。

    「極端に言えば、第7戦のような試合で、圧倒的なピッチングをすることを期待して、ドジャースは彼を獲った。仮にそうなれば、彼の相場はドジャースの手の届かないところへいってしまう。残念なピッチングをしたことで、例外を認めるような空気にはならないのではないか」

     結局、どっちに転んでもドジャースとの再契約はなかったーーそういうことか。

     ただ、ダルビッシュ自身の気持ちは定まっている。

    「正直な話、メジャーに来てからこう、野球への情熱っていうのがだんだん落ちてきてしまっている部分があって、特にこの3年ぐらいはそれに凄い悩んでいた。で、ここでやっぱり目標を持たせてもらった。(先日の会見で)最後まで負けたくないと言ったと思うんですけど、今、ワールドシリーズに出て活躍したいというのが、目標になりました」

     冒頭で明かしたように、出来ればそれはドジャースで、というのが彼の思い。であればまだ、可能性は残されているようにも映るが、果たしてーー。

     改めて会見を振り返ると、気になるのはあの6秒間の沈黙。

     逡巡しているようにも見えた。どんな思いが頭をかすめたのか。口にした言葉は、社交辞令には聞こえなかった。それなりに重い響きもあった。

     いずれにしてもダルビッシュは、人生で初めて、チームを選ぶという選択権を得る。

    (文責・丹羽政善/米国在住スポーツライター)

     

    WCで2回ノックアウトじゃ話しにならないよね。出直すしかないよダル!頑張れ!!!